岩田整骨院・岩田美容整体院

  

松本市 岩田整骨院
岩田美容整体院

整体について

美容整体について

美構造®について

岩田整骨院・美容整体院

【TEL&FAX】0263-57-7025
【住所】長野県松本市神林2730-5
≫google mapはこちら

【岩田整骨院】
平日※予約制
[午前診療受付]
7:30~11:30
[午後診療受付]
15:00~18:30
土曜日※予約制
[午前診療受付]
7:30~11:30
日曜日・祝日
休診日

【岩田美容整体院】
平日 ※完全予約制
7:30~21:00
土曜日 ※完全予約制
7:30~18:00
日曜日・祝日
休診日
 

 

 
 

 
 
 

 

HOME»  整骨・美容整体ブログ

整骨・美容整体ブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

JTAフラッシュリプロ療法パーフェクトマスター講座 2019年4月7日

東京にて、JTAフラッシュリプロ療法パーフェクトマスター講座に参加して来ました。

昨年、11月6日から、月一で、今日で6回目です。

今日で、一旦終了しましたが、私は、認定マスターコースを受講しているので、今月に合宿があり、5月から、あと4回セミナーがあります。

JTA療法は、関トレの著者、笹川大瑛先生が考案した療法で、笹川先生から直接教えていただきました。

JTA療法は、子供から寝たきりのお年寄りまで、大変効果の高い療法です。

また美容整体・スポーツ整体にも最適なので、当院では、今後、主力的に使って行きます。

どこに行っても良くならない頭痛・肩こり・腰痛・膝痛などの関節痛や筋肉痛がある場合やスポーツ時の痛みや張り、さらにパフォーマンスアップをしたい方は、是非、長野県松本市の岩田美容スポーツ整体院に、ご連絡ください。

2019-04-11 20:10:21

コメント(0)

折りたたむ

六層連動操法フォローアップセミナーに参加しました。 2019年2月7日・14日

東京にて、沖倉国悦先生の六層連動操法のセミナーに参加しました。

沖倉先生は、大病院で、長年、重症の高齢者のリハビリを担当されている理学療法士です。

そして、多くの理学療法士の御指導をされています。

その沖倉先生が開発された六層連動操法は、本当に凄い手技です。

全く痛くない手技で、さらに短時間で、長年、挙げられなかった腕が上り、曲げ伸ばしが痛くて大変だった腰痛・膝痛は、楽に動くようになります。

肩痛、腰痛、膝痛でお悩みの方は、是非、長野県松本市の岩田美容スポーツ整体院にご連絡ください。

出来るだけ早く、元気に活動出来る様に、お手伝いさせていただきます。

2019-02-15 20:37:00

折りたたむ

PNS療法セミナー 2019年1月24日

東京にて、山内要先生のPNS療法のセミナーに参加しました。

山内先生は、私達整体院に来られる症状なら、数分で症状を取ってしまう様な、大変なゴットハンドです。

驚く事に、立ったまま、座ったままで、治療をされます。

本当に凄い先生です。

山内先生のセミナーは、今回で5回目位ですが、本当に毎回、自分がレベルアップします。

これからも機会があれば、山内先生のセミナーに参加させていただきたいと思います。

姿勢矯正・背骨矯正・骨盤矯正・小顔矯正・猫背矯正・O脚矯正・美容整体・スポーツ整体が得意な長野県松本市の岩田美容スポーツ整体院に、お身体について、何かお悩みがある方はご相談ください。きっと役に立てると思います。

 

2019-01-25 20:53:00

折りたたむ

ドケルバン病 狭窄性腱鞘炎

77歳女性

平成30年11月16日に来院。

9月初めに草むしりをしてから、左手首が痛くなり、日常生活でも痛みが強くなり当院に受診。

検査の結果、ドケルバン病と診断し、施術する。

施術後、動きでの痛みは、10から3になり、テービングをする。

19日の施術後、動きでの痛みゼロ、患部の圧痛のみで、テーピングする。

26日の施術前に検査すると、動きも圧痛もゼロ。予防で施術し終了。


ドケルバン病などの腱鞘炎や、テニス肘、ゴルフ肘、野球肘は、使い過ぎが原因の一つです。

しかし、同じ事をしていても、痛くならない人も居ます。

よって、痛くなる人は、手の使い方が悪く、その動きを繰り返しているため、炎症を起こし痛くなります。

当院の施術により、正しく関節や筋肉を動かす事が出来るようになるので、患部の負担が減り痛みが無くなります。

ドケルバン病などの腱鞘炎や、テニス肘、ゴルフ肘、野球肘で、なかなか良くならない方、

通院しても、なかなか良くならない方

薬や注射で痛みをごまかす治療が嫌な方

早くスポーツなど元気に動きたい方

​家事・育児などで手首や肘の痛みがある方

長野県松本市で、ドケルバン病などの腱鞘炎や、テニス肘、ゴルフ肘、野球肘の治療が得意な岩田整骨院・岩田美容整体院にご相談ください!

 

2019-01-16 18:55:47

折りたたむ

足首の捻挫 (足関節捻挫)

◎高校1年バスケ部男子

平成30年10月14日、バスケ試合中に、リバウンドでジャンプ着地時に、相手の足に乗り、右足関節捻挫。

15日に、右足になるべく体重をかけないように来院。

施術後、歩行時に痛みゼロ、つま先立ち、屈伸時の痛みは、ほぼゼロ、捻挫部分の圧痛はあり。

テーピングをして終了。

17日に来院し、検査するが、どんな動きも痛みゼロなので、予防のため、施術とテーピングをして終了。


◎小学4年生女子

平成31年1月15日、学校の階段で下る時に左足を捻って負傷。

左足首に圧痛があり、屈伸時と捻る時に痛みがあり。

施術後、足首を屈伸しても、捻っても痛みゼロ、立位で、つま先立ちも、しゃがむ動作も痛みゼロ。

テーピングをし、2日後、テーピングを外して、痛みがあれば、また来るように指導。

たぶん、これで終了になると思われる。


足関節の捻挫は、通常、固定をして安静にしていれば、治ります。

しかし、長い期間固定していると、関節が硬くなり、さらに足首を動かしたり、関節を固定する筋肉が弱くなります。

結果、また再発しやすくなりますし、将来、変形性関節症になる可能性があります。

当院の施術方法は、秘密ですが、数分施術するだけで、本当に軽くなります。

早く捻挫を治したい!

スポーツの練習を休みたくない!

将来、関節が変形して、痛い老後を過ごしたくない!

など、捻挫でお悩みの方は、足関節捻挫の治療が得意な長野県松本市の岩田整骨院・岩田美容整体院に御連絡ください。

2019-01-16 17:19:52

折りたたむ

松本市 夜泣き対策のコツ

根気よく続けていくことが夜泣き対策のコツ

明確な理由もなく生後3ヶ月以降の赤ちゃんが夜間泣く現象を夜泣きと言いますが、いろいろと試しても全然泣き止んでくれずに困り果てているお母さんも少なくないです。
いつからいつまでの期間に発生するのかと言うと、早い子なら生後3ヶ月から始まって、一般的には半年~1歳半の間に起こることが多いと言われています。
しかし、2歳・3歳になっても夜間に泣く子供もいますし、逆にほとんど夜間に泣くことがない赤ちゃんもいて、その点に関しては個人差がかなりあります。

原因は明確には分かっていませんが、睡眠リズムや発達の過程に原因があると考えられていますし、年齢によっても違いがみられると考えられているのです。
生後1~4ヶ月の原因は、睡眠リズムが未発達で昼と夜の区別が付かないために、短いサイクルで寝たり泣いたりを繰り返すことと考えられます。
生後5~6ヶ月の原因は、脳の発達がめまぐるしい過程にあるため、赤ちゃんは寝ている間も起きている時に受けた刺激を脳の中で繰り返しながら処理しているためと考えられるのです。
1歳前後の原因は、睡眠リズムと脳の発達との2つが関係していると考えられます。
2歳以降の原因は、日中の出来事を記憶できるようになるため、夜怖い夢を見て不安で泣いてしまうことがあるのです。
また自分の欲求通りにお母さんが対応してくれないことで、ストレスを感じ夜間に泣いてしまうケースもあります。

では、どのような夜泣き対策をしていくと良いのかと言うと、ひとつは生活リズムを整えることです。
朝は遅くても7時までには赤ちゃんを起こして、目が覚めたらカーテンを開けて太陽の光をしっかりと取り入れましょう。
昼間は外をお散歩したりよく遊ばせたりして、外に出ない日でもオムツ交換の時に股関節周辺を体操させるなどすると良いです。
また、授乳の前にわざと5分程度遅らせて泣かせるなど、日中によく泣かせることもポイントになります。
夜のお風呂はベビーバスだけですまさないで、1~2分程度一緒に湯船に入りしっかり体を温めると良いです。
それから布団に入るのは20時までをひとつの目標目安にして、寝る前の30分は部屋の明かりを落として、スキンシップをとると寝付きがスムーズになります。
このようなことを心掛けて赤ちゃんの生活リズムを整えてあげることがおすすめです。

もうひとつの対策は入眠儀式をつくると言うことで、毎日同じ方法で寝かしつけなど寝る前の合図をつくることで、今から寝る時間と体に覚えてもらいましょう。
その入眠儀式の方法としては、子守唄や音楽を聞かせると言うのがあって、それにより赤ちゃんの気分が落ち着いて眠りにつきやすくなるのです。
できるだけゆっくりしたリズムで毎日同じ歌を歌うと良いですし、オルゴールなどの心が落ち着く音楽を聞かせるのもおすすめします。
心地良い眠りに導いてくれる専用のアロマオイルを使用したり、お気に入りの安眠グッズを持たせたりすることも入眠儀式につながることです。
これなら確実にすぐ寝るといった魔法のような方法はありませんが、このようなことを根気よく続けていくことが夜泣き対策のコツになります。

松本市 夜泣き対策のコツなら、「岩田整骨院」にお任せください。

2019-01-03 14:53:00

コメント(0)

折りたたむ

松本市 むちうち症

整骨院に整形外科からの転院むちうち治療もOK?

交通事故に遭遇した時には、自覚症状がなくても病院で診察を受けるのが基本です。
特にむちうち症の場合は、受傷直後に痛みや不調を感じないケースが多いので、交通事故直後にむちうち症が疑われた場合には、必ず整形外科など病院に行くことをおすすめします。
その理由は、病院にはレントゲンやMRIなど検査機器が充実しているからで、少しでも首に不調を感じた時には、事故の状況や症状を伝えて精密検査をしてもらうためです。
しかし、むちうち症の多くは筋肉や神経などの損傷なので、レントゲンでは異常が見つかりにくいことも少なくありません。
ただレントゲンで異常が見つからなくても首や肩の痛み、気分が悪い・体調が悪いなど、何らかの症状がある場合は我慢しないで医師に異常を訴えることが大事です。

もうひとつの理由は、交通事故で加害者に対する損害賠償請求を行う時に、事故で負傷したことを示す診断書が必要となるからです。
診断書は医師のみが作成できるもので、その為にも必ず一度は病院に行く必要があります。
ただ整形外科は診療時間が限られていて通院することが難しいことや、症状に対する治療のみとなるので、整形外科からの転院むちうち治療を希望する方も少なくないです。
それは整骨院がむちうち治療を得意としていて、整骨院に通院した方が適している場合があるからです。
また、診療時間が長いため自宅や職場近くの整骨院の方が通いやすいということもあります。
ですから整形外科からの転院むちうち治療を希望する場合には、医師にその旨を伝えてカルテに記入してもらうと良いです。
そうすれば、治療が長引き後遺障害認定を受ける時に、整形外科で後遺障害診断書を作成してもらうことができて、後遺障害認定もスムーズにすすめことになります。

整骨院に整形外科からの転院むちうち治療を受ける場合に気になるのは、自賠責保険の適応は整骨院でも可能なのかと言う点です。
自賠責保険というのは車を購入した時に加入する強制保険で、基本的には加害者の保険会社が自賠責の保障を一時的に立て替えてくれるという制度です。
この自賠責保険は病院だけではなくて整骨院でも適応されるもので、そのため患者の窓口負担は実質0円になります。
ただ、先にも触れましたが病院の診断書がなくては、自賠責保険を使用して整骨院での施術が受けられませんし、保険会社に整骨院に変更したいと連絡する必要があります。

それから、どちらかだけでしか治療が受けられないということはないので、病院に通院している場合でも整骨院での治療を併用することが可能です。
ですから筋肉・骨格施術のプロで、むちうち・腰痛・関節捻挫・打撲・挫滅の疾患などの専門的な施術ができる整骨院と病院の両方に通院することができるのです。
また、痛みに対して特化した施術機器を導入している、ケガに対する知識や施術経験が豊富など、整骨院を併用することのメリットもあるので併用も良いです。
それから定期的に医師の診断が必要なこともあるので、病院と整骨院の併用はおすすめできる方法と言えます。

松本市 むちうち症なら、「岩田整骨院」にお任せください。

2018-12-28 14:38:00

コメント(0)

折りたたむ

松本市 自賠責治療

接骨院の自賠責治療を受けるために必要な基礎知識

むち打ち症など交通事故によるケガの治療を接骨院で自賠責を利用して受ける場合には、知っておかなくてはならない基礎知識がいくつかあります。
接骨院の自賠責治療で最も大事なことは、接骨院は病院ではないと言うことで、施術を行う柔道整復師は医師資格を持っていないので、病院で受けるような検査や治療ができません。
また交通事故後の治療を接骨院でしか行わなかった場合には、カルテに検査結果が残りませんし、医師による診断書の作成もできないのです。
それにより相手方の保険会社から治療費を支払ってもらえない可能性がありますし、後遺障害の等級認定請求をする際に不利になることがあるのです。
ですから、交通事故に遭遇してケガをした場合には、最初に整形外科などの病院を受診して、検査・治療してもらう必要があります。
そうすればレントゲン検査などの記録が残りますし、交通事故とケガの因果関係が証明されるので、治療費の請求や後遺障害の等級認定請求もスムーズにできるのです。
ただし、病院での治療だけではなくて、接骨院での治療を希望することも可能で、その時には医師の指導にもとづくか、最低限医師に接骨院への通院に同意してもらう必要があります。
接骨院の自賠責治療を受けるためには、このような病院と接骨院の違いを理解した上で、正しい方法で治療を進める必要があるのです。

接骨院に通院して治療を受けることで、相手方の保険会社とトラブルになる可能性もあって、その多くは保険会社が治療費を支払ってくれないパターンです。
これは保険会社が接骨院は病院ではないので、治療に必要とは考えられないと判断するためです。
また、当初は接骨院の治療費を支払ってくれても、期間が長くなると途中で打ち切ることも少なくありません。
このような保険会社とのトラブルを防止するためには、先にも触れましたが病院の医師に、接骨院での治療が必要と判断してもらうことが大事です。
医師が必要と判断したのなら、保険会社としても接骨院での治療を認めなくてはなりませんし、支払いを拒絶することはできません。
もし接骨院への通院が必要とまで診断書に記載してくれない場合には、最低限接骨院への通院に対して同意してもらっておくことが大事で、そうすれば保険会社も理解してくれるでしょう。
このようなトラブルを回避するためにも、まずは病院を受診してその後の治療を検討する必要があるのです。
病院を受診しなかったり、医師に言わずに接骨院に通院したりすることは最悪の対処方法と理解しておくことが大事と言えます。

もうひとつ接骨院の自賠責治療を受けるのに必要な基礎知識として、悪質な接骨院に注意するというのがあります。
極稀なケースですが実施していない施術を水増しして保険請求をしたり、必要のない施術を繰り返そうとしたりする接骨院もあって、それにより保険会社から疑念の目で見られる可能性があるのです。
また、医師の中にも接骨院に対して不信感を持っている人が少なくないので、病院との関係においても問題が発生することがあります。
このようなトラブルに巻き込まれないためにも、通院する接骨院を見極める必要があるのです。

松本市 自賠責治療なら、「岩田整骨院」にお任せください。

2018-12-21 14:44:00

コメント(0)

折りたたむ

松本市 交通事故に遭遇

交通事故の治療は整骨院と病院との併用もできる?

交通事故に遭遇した時には、直後に自覚症状の有無に関係なく、必ず病院を受診することが大事です。
その理由は、事故で多く見られるむちうちは、直後に症状が現れないことが多くて、事故との因果関係が証明できなくなるからです。
ただ、病院での治療と併用して整骨院での施術を受けたいという方もいますが、併用して最適な治療をする場合には正しい手順をふまなければなりません。

その手順とは、まず先にも触れましたが交通事故に遭遇した後すぐに整形外科を受診します。
それは、医学的に正しい診断を受けることができて、投薬による治療やレントゲンの撮影など治療・検査が受けられるからです。
また事故直後にどのような状態であったかを、カルテに明確な記録として残すことができるのも重要な理由になります。
次いで、病院での治療が続きある程度期間が経過したタイミングで、医師に整骨院での治療について相談して、許可が出てから治療院への通院を開始すると良いです。
その際、整形外科への通院が必要ないのなら通院は辞めても問題はありませんし、病院との併用も問題ありません。

ここまで完了すれば何の問題もなく治療院への通院ができる状態になりますが、ここでひとつ忘れてはいけない大事なことは、治療院への通院を開始することを相手方の保険会社に伝えることです。
通院する予定の院名や連絡先などを必ず伝えておく必要があって、治療院の多くはその手続きを代行してくれるので相談すると良いでしょう。
保険会社に連絡しなければならない理由は、保険会社から治療院に対して治療費の支払いなどをしてもらう必要が発生するからです。
このような正しい手順をしっかりと実施しておくと、示談交渉においてトラブルになるケースは少なくなります。
ただ保険会社によっては治療院に治療費を支払わないこともあって、この場合には一旦自分健康保険を利用して治療費を支払って、後から保険会社にその治療費を請求をすることになります。

併用して最適な治療をする場合の手順が理解できたでしょうが、なぜ併用するのがおすすめなのか、そのメリットについても知っておくと良いです。
交通事故の治療で併用するメリットは、手順を踏めば整骨院で受診しても慰謝料を受け取れる、治療だけでなく症状の緩和ができる、後遺障害診断書を書いてもらいやすくなるなどがあります。
つまり、両方のメリットを併用することで得られるのです。
特にむちうちなどにより後遺障害が残って、認定を申請する際に併用していればスムーズに後遺障害診断書を医師に書いてもらえます。
実際にどのような症状が残っているのかは、後遺障害や慰謝料の判断において大きな問題になるので、後遺障害診断書を適切に書いてくれる人がいることはとても重要になるのです。
このようなことから併用して治療を受けることをおすすめするのですが、どこで治療を受けるのかは自身で判断することですから、そのことだけは忘れないことです。

松本市 交通事故に遭遇なら、「岩田整骨院」にお任せください。

2018-12-14 14:40:00

コメント(0)

折りたたむ

松本市 女性の不調

ストレスと生理不順など女性の不調との関係

人が生活するうえで避けられないのがストレスで、マイナスイメージを持つ人が多いですが、適度なストレスは緊張感ややる気を生み出するので必要なのです。
ただし、過度なストレスがかかると自律神経のバランスが乱れて、心と体に様々な症状を引きおこしてしまうことも事実としてあります。
ストレスが原因で起こる病気や症状は様々ですが、女性の場合は生理不順や無月経などとして現れることは少なくありません。
実は毎月の生理は女性の体のバロメーターともいえるもので、仕事や職場の人間関係などで悩みストレスを抱えると、周期的にきている生理が遅れたり、止まったりすることもめずらしくないのです。
またストレスにより生理痛が酷くなることもあって、悩みを抱え込んだり転職や引越しなどで大きく環境が変化したりする時には、ストレスがどうしても溜まりやすくなるので注意が必要となります。
もし無月経の状態が長期的に継続する場合には、念のため婦人科を一度受診してみることもおすすめです。

生理不順など生理トラブル以外にも、肩こりや腰痛・不眠・胃痛・便秘・頭痛・冷え性・拒食や過食など、様々な症状をストレスが引きおこします。
酷くなると胃潰瘍や十二指腸潰瘍、腸過敏症などといった病気を発症するケースもあるのです。
また最近は、ストレスによりうつ病など心の病気になる人も増えてきていて、うつ病は早期発見・早期治療が大切なので、気になることがある時には、早めに診療内科や精神科などに相談しましょう。
それからストレスによる肩こりや首のこりに悩まされる女性も多くて、心の緊張と筋肉の緊張は無関係ではないのです。
筋肉の緊張が続くと血流が悪くなって肩こりなどを引き起こしますし、加えて仕事でパソコンに向かっているなどで、首や肩にストレスがかかって慢性的な肩こりになることが多くなります。

このように生理不順など女性の不調と関係があるストレスをため込むことは、体と心をむしばんでしまうので、そうなる前に体を休めましょう。
ちなみに、ストレスが溜まっている時は体も緊張しているので、ゆっくり深呼吸するだけでも体がほぐれて少し楽になるのです。
またストレスを感じた時には、ぐっすり眠ることがおすすめで、睡眠は体を休めると共に心の疲れも解消してくれます。
ただ、なかなか眠れない時もあるでしょうから、その時には温めのお風呂にゆっくりつかって、体の冷えを解消し血のめぐりをよくするとお休みモードに切り替わります。
それから自律神経を整える意味から睡眠はもちろんのこと、規則正しい生活を心掛けてストレスに負けない体づくりをすることも大事です。
何よりも自分なりのストレス解消法を見つけて発散するのが一番で、趣味に熱中したり旅行や温泉で気分転換したり、友人とおしゃべりしたりなど、様々な解消方法があります。
また整体で施術を受けることも、自律神経が整ってリフレッシュできるので、ストレス発散になりますし生理不順など女性の不調の解消につながります。 

松本市 女性の不調なら、「岩田整骨院」にお任せください。

2018-12-07 14:41:00

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5